照明 福岡 【 照明デザイン事務所 ライトニック / 福岡県 春日市】LIGHTONIC On Line
福岡の照明デザイン事務所・ライトニックは空間の個性を大切にします。
照明デザイナー川崎英彦が主宰する福岡の照明設計事務所ライトニック。照明デザインで環境・空間を個性豊かにします。大型施設から住宅まで実績多数。差別化を図りながら自然環境に優しく健康的なライフスタイルの実現には質の高い照明計画が不可欠です。
特注照明は、リニュアルしたショッピングモールでも
照明設計を担当した博多駅のショッピングモール用に製作させて頂いた特注照明をご紹介します。


福岡の照明デザイン事務所ライトニック実績紹介 特注照明

福岡の照明デザイン事務所ライトニック実績紹介 特注照明
緑に囲まれた中央広場にあるスタンド。点在するモザイクタイルを用いて、錆石の岩肌の前でも独特の存在感を醸し出しています。

福岡の照明デザイン事務所ライトニック実績紹介 特注照明
同じ素材を使用した横型デザインのスタンド照明です。スタンドというより行灯です。

福岡の照明デザイン事務所ライトニック実績紹介 特注照明
中央広場の受付カウンター横に竹編で出来たシェードを鏡面仕上げの金属で吊り下げています。和をイメージした空間に数寄屋の手法を取り込みアイキャッチになっています。

福岡の照明デザイン事務所ライトニック実績紹介 特注照明

福岡の照明デザイン事務所ライトニック実績紹介 特注照明
柱廻りに張られた錆石と同じ素材です。点在する錆石の灯りが緑あふれる中央広場にリズムを与えて居心地の良さに役立っています。


大きな灯りは人を引き付けます。
福岡の照明デザイン事務所 ライトニックの特注照明

竹による骨組み、六目網でまゆ状に形作ります。
左右対称の形状は出来ないと言われ両サイドを切り落とした形状でしたが
どうしても丸みを持った形にしたかったので試行錯誤の上作り上げました。

竹は和紙との相性が良く、お互いの良さを引き出します。構造的に反発し
ようとする竹の緊張感が和紙の表情をより柔らかく、和紙の軽く浮くよう
な存在感は竹が織り成す模様のシルエットをより味わい深くしています。

竹細工職人と云われる方は最近少なく高齢者が多く後継者もいないのが
現状のようです。作り方や形状を検討するために福岡の八女地方まで
何度か足を運びました。普段の生活の中で竹細工の製品を使う機会が
少なくなってきましたが、実際に使用すると非常に軽く手になじみ
自然素材の良さを実感します。

作家さんは地方地方でお見かけしますが、なかなか実用的な金額には
ならず二の足を踏んでしまいますが、日本独自のライフスタイルや文化は
残していきたいと、このような現場を与えて頂くと強く感じます。

この照明は因幡うどん博多デイトス店で見る事が出来ます。
大型照明は気持ち良い
オリジナル照明はライトニックで簡単にオーダー出来ます。
とあるブライダル会場用に製作させて頂きました大型スタンドライトはひな壇の
両サイドに配置することでごく自然に穏やかな雰囲気を持ちながらアイキャッチと
なってステージ上のカップルに注目を集めます。

布セードを通した柔らかな光そして壁面まで届くほのかな光。もちろんボーダー
ライトやフレネルのスポットライトでステージ上には十分な明るさはあるのですが
それを抑え、横顔を暖かく照らしお顔の表情を優しく見せるには最適のあかりの
ひとつである事は間違いないようです。

偏った言い方を許して頂けるのなら、照明デザインには2通りのアプローチがあります。
ひとつはゲリラ的な奇抜さでオリジナルをアピールする方法。ゲリラ的とは少々過激な
言葉ですので表現を穏やかにすれば革新的に置き換えても良いでしょう。スピードを
重視し短期決戦型のプロモーションにはお薦めです。話題性でマスコミも乗ってくる
かもしれません。もうひとつは外堀を埋めるようにゆっくりと静かに質を高める方法。
息の長いデザインで長期決戦型といってもいいでしょう。どちらが良い悪いではなく
企業が戦術としてどう捉えているかが重要な事です。

しかし今の時代、多くの企業が、生き残りをかけてどれだけ安く作れるかを競い、
雇用問題や環境問題の引き金になる戦略がベースになっている限り、どちらの
デザイン的アプローチをした所で行き着くところは同じ所のような気がします。

大量生産された安い商品に飛びつき短いスパンで大量廃棄を招いている私達
消費者にも大きな問題があります。今まさにそのシワ寄せを目の当たりにしている
わけですが。ここで改めて消費者の目で、次の世代に誇れる生活に戻さなければ
いけない時期じゃないでしょうか。

次世代に残す照明作り、それが僕の仕事です。
無知の知
ライトニックの特注照明:生活にもっと陰翳を

福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明 オリジナルスタンド


以前CGで紹介した特注スタンドが完成しました。
http://blog.lightonic.co.jp/?eid=57026←以前のCG

壁面に映る影はフィラメントの形状が歪なおかげで揺らいでいるようです。
心を穏やかにする上で必要なものは光よりも影だということがわかります。
明るさや経済性を追求することを否定はしませんが、人間にはもっと、
居心地の良い暗さを提供することが必要だと思う今日この頃です。

ベースには腐食させた鉄を使用し深みのある塗装で仕上げています。
図面上でクリア出来る問題でも構造や施工を十分理解していない為に
起きる問題や、施工や仕上げ技術が目指す品質のレベルに達していなかっ
たりと、完成までに常に悩み続けた作品です。

当然新しいものを作り出すための時間・技術・コスト、それぞれのリスクを
考えなければいけないことですが、考えすぎると間違いなく先に進まない
ので、過去の経験値+チャレンジ精神でスタートするわけです。

デザイン力の未熟さを知れば知るほど完成には程遠く、いつも締め切り
ギリギリまで粘ってしまいます。しかし粘るほど完成度が高くなるにつけ、
結果としてみれば間違いなく生産性は桁違いに低いレベルに陥っている。

企業として、日本一いや世界一の完成度の高い作品を提供して、この負の
スパイラルから脱却する事を目指して、今日も粘る。

照明計画をさせて頂いた住宅の方は、大変喜んで頂きました。先日竣工
写真の撮影を行ってきましたので、クライアント様の了解を頂いて後日
アップしたいと思います。
燭台な照明
ライトニックの特注照明:真ちゅう製の燭台を照明器具にしてみました。
いつの頃からのデザインなのだろうか。今僕達が燭台をイメージすると
ルネサンス期以降の華やかな宮殿内部を昼間のように煌々と照ら
していたシャンデリアに用いられたアームやベースのデザインを取り入れた
形を思い浮かべるのではないだろうか。

真鍮鋳物で作られた支柱やアーム、蝋燭を立て流れた蝋を受止める皿、
いつも鏡のように磨き上げられ、揺らめく炎のきらめきをその起伏の中に
深く深く増幅させ、より一層存在感を高めている。

現在の多くクラシックスタイルの照明器具がその意匠を受け継ぎ、または
模倣し今に残し重厚な味わいを醸し出しています。

その古くからのデザインが受け継がれている現在の照明器具ではありますが
多くは1灯式のもので、2灯以上のものはほとんどありません。
燭台の多くが3灯以上の多灯なのに対しては明らかに偏ってデザインされて
いるのは少し残念です。。。と、いうわけで作ってみました。

日本ではあまり使わないであろう燭台では良いデザインが多く在ります。
大きすぎず、装飾過ぎず、高価すぎず、その多くの中から今回の現場にベストな
モノが選ばれ、照明器具として生まれ変わりました。

幅 24.4cm 高さ 36.0cm(ランプ含む) シャンデリア球10w×3(調光付)
イタリア製真鍮ベース 
決定的目的
福岡の照明デザイン事務所 特注照明の決定的目的

福岡の照明デザイン事務所 特注照明の決定的目的その2

自己都合のデザイン的満足に浸りながら、OKの連絡を待つ。
何も恐れることなく、何も準備することなく。何も疑うことなく。
充実した感覚は幼い頃に覚えた大人から褒められた記憶によって
形成されている。

無心で色を重ねる僕に対して大人の女性が目をキラキラさせながら言う。

『あなたって、絵が上手なのねぇ〜』 

少し自慢だ。

『えへへ・・・。』

シャイな僕は返事にならない返事を返す。


一回目のプレゼンでNGをもらった後、電話口で話したideaを図面にしてCGにした。

悪くない。

長く考えても、出ないときは出ないし、長考が良い結果を生むとは限らない。
必要なのはインスピレーションと実行力。メモをとり形にすること。

簡単なことだ。(いつも分かっている事なのだけれど)

了解の返事が直ぐに来た。

一回目と2回目の違いは何だろう?1回目イメージが頭から離れない。
どこかで使おうと思って、ひとつ作っておこう。という衝動が起きる。

でも作らない。 次の現場も、またその次の現場もそんな照明は必要としない。
でも誰かが欲しがるかも。。。タダなら。。。そのために作るわけにはいかない。

そんなことを考えながら次の現場の締め切りが近づく。

変更はいつも突然やってくる。

竣工写真は後日。。。
ワインレッドシェード木目模様
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明
商業施設が立ち並ぶ福岡天神地区の南に位置し、多くのビジネスマンが
行き交う路地にある創作料理屋さん。
そこの大テーブル用の照明として製作しました。シェードの生地は、
通常使用しないコシがあるロールカーテンからの転用です。
木目のテクスチャーと大胆な色が印象的なペンダントに仕上がりました。
モダンな内装にバランスよく溶け込んでいて、優しい光を放っています。
軽く・軽く・・・
ビュッフェスタイルのコールドケース上にオリジナルのペンダントを作りました。

柔らかな生地をドーナツ状に縫製しリングを通しただけのシンプルに作ったペンダントは、

シースルーセードからキラキラとやさしく漏れる簡単なペンダントにクリアな

白熱球の光源で、優しく発光しながら空間の中心を大きく存在感を与えています。

福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明

鍛造ペンダント
福岡の照明設計事務所ライトニックの完成し取り付けられた銅鍛造の特注ペンダント照明
福岡の照明設計事務所ライトニックの銅鍛造の特注ペンダント照明
福岡の照明設計事務所ライトニックのアトリエで最後の仕上げを待つ銅鍛造の特注ペンダント照明
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明に店名ロゴを抜いています。

この特注ペンダント照明は銅板の鍛造で作られ、ワインショップに取付けて頂きました。
ワインが醸造から何年も寝かせて味が豊かになる様と鍛造銅板の過程及び味わいが出る
経年変化を重ねています。

これから、5年、10年と時が経つにつれ、その存在感はより大きくなります。
出来れば50年。いやいや100年!灯りを点し続けて欲しいと願っています。

当初、大きなペンダントを作るために、軽量のアルミ絞りでの製作も考えました。
いろいろな事情で実現は出来ませんでしたが、日本中の絞りの達人にアドバイスを
頂き可能性も見え、更なる100年照明の挑戦は続きます。

取り付けていただいたお店はこちら↓
http://blog.lightonic.co.jp/?eid=43574

風薫るブラケット
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明

美容室”風洪”さんのファサードに使用したブラケットライト。

ステンレスの板をレーザーで抜き加工しています。

清々しく薫る風。優しくそよぐリーフ。ゆらゆらと・・・リラックス、リラックス。

そんな”風洪”さんのホームページはこちら→http://fuh-coh.jp/index2_m.html
北欧デザインのブラケット
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明

美容室のセット面に製作したブラケットライトです。白熱60wのランプを
使用するために外径300mmのプリーツ仕様ホワイト生地はゲストの表情を
やさしく照らしてくれます。木製棚の木口に取付部分を合わせた為、取付
金具からは細いφ5SBアームが絡み合いブラケット本体を軽く見せています。

北欧デザインの〜と、タイトルを付けたのは、PH5Plusのフレーミング点景
なので・・・
後日、worksに竣工写真をUPします。

ちなみに完成予想CG画像は→こちら

古湯治場行灯
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明
いつの頃から使われたデザインなのでしょうか。

魯山人が残したデザインとも伝えられています。

あえて手作り感を出すことで故郷を思い出す灯。

ほっとする灯。


福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明

岡垣・スローリゾートぶどうの樹<杜の七種 卯月の湯>
高級焼肉店の個室照明 タスクアンドアンビエント
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの特注照明【高級焼肉店の個室照明】
高級焼肉店の個室には製作した特注のペンダントが下がっています。
この一台に環境とテーブル面、つまりタスク&アンビエントの両機能を持たせました。

柔らか空間を包む光、食材を目で味わう事が出来る光、グラスの輝き、低い位置におかれた坪庭のライトアップ、全てがそれそれの演出効果を持ち、しっくりと落ち着く空間に仕上がりました。
完成は感性の、


セードのペイントも出来上がってペンダントの取付工事が完了したって
連絡があり、近くの物件のモノを早々確認に行ってきました♪
本来なら取り付け施工時に立ち会って調整をするのですが、スケジュール
的に合わせられなかったので今回は施工後の確認のみ。

鮮やかなセードがアイアンの唐草に引き立って良い感じです。。

ただ、セードの描かれた塗りが厚かった様で当初の光源では余り模様が
浮かび上がらず、ユニバーサルダウンの向きを調整して鮮やかに浮かび上
がらせています。ペンダント自体の光源を変えたりW数を増やしたとして
も器具の構造からして、天井周辺の照度が上がりすぎるのを避けたかった
為の対応策です。

当初は予定していなかった照明手法ですが、12Vのダイクロが更に鮮やか
にしています。。。なぁ〜んて結果良しみたいに書いてますが、全体の
輝度イメージを明確にゾーニングしていない私が未熟なだけなんだよ。

癒しのグリーン・スタンド


博多駅近くに新しく出来た西鉄インにある<リセリア>のカウンター用別注
スタンドを作りました。「岩盤浴」とカフェが一体となった、都会で気軽に
癒されるお店にぴったりの可愛いグリーンがほのかな灯りに包まれていい感じです。
特注行灯ブラケット【万葉倶楽部博多館】
全国展開している日帰り温泉”万葉の湯”で製作した特注行灯ブラケット照明です

セードはFRPで作りましたが、提灯の表情が良く出ています。
塗装で仕上げをしました。



■FRPで作った屋外ブラケット。3m間隔で外塀に取り付け、アプローチの期待感を高める。

ブラケットのラフスケッチです。3提案の中のひとつから決定して頂きました。
コスト、耐久性、デザイン等、あらゆる面で検討を行います。
オブジェ<地球>
TOPBOY in MARINA TOWN

マリナタウン内にあるゲームソフト・ショップ”TOP BOYのオブジェ

グローバルなセールス展開を地球のオブジェに表しホリゾントの柔らかな光と
スポットの印象的な陰でより立体的に見せています。ビビットな色でゲームの
シンプルさを、アルミの叩きでゲームの奥の深さを、表現しています。


エスニック・レストラン

デザインでは思いっきり遊ばせて頂いた。心が大きなオーナーに多謝!
長崎市・特注ペンダント【蝙蝠】
蝙蝠(コウモリ)をモチーフに大胆にも幅3m!!のオブジェ。アルミ板を、叩いては曲げ
叩いては曲げを何回も何回も繰り返し何とも言えない表情を出しています。
軽さを表現する為に緻密に計算して、1.5mmφのSUSワイヤーで羽根のバランスを
保っています。中央にはブルーのオリジナルガラスが不可解さを増幅させています。


不可解さを増幅させるブルーガラス。スペアのレッドガラスも用意しています。


同デザインで製作したブラケット
ガラスからオリジナル


天井高3.8Mの中心に直径2Mの掘り込み。シャンデリアの径は1.2m高さは1.6m使用した
ガラスパーツは118枚。アルミの金型をつくり、ガラスを流し込み一つ一つ成型します。
勿論ガラス職人に作っていただくのですが、その人は大学の先輩で、かのTV番組で
ガラス王選手権にてチャンピオンになりました。私達の照明づくりはたくさんの人の力を借りて
出来上がります。本体はホワイトブロンズメッキです。シャンパンゴールドのようなやさしい輝きを
持ったとても上品なメッキです。

a biggest bracket lightings

とあるSCのモール用にデザインしたブラケット照明です。私達にとっては過去最大の大きさです。
画像が粗くてすみません。。。

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< December 2015 >>
ブログ内を検索


PROFILE
OTHERS