照明 福岡 【 照明デザイン事務所 ライトニック / 福岡県 春日市】LIGHTONIC On Line
福岡の照明デザイン事務所・ライトニックは空間の個性を大切にします。
照明デザイナー川崎英彦が主宰する福岡の照明設計事務所ライトニック。照明デザインで環境・空間を個性豊かにします。大型施設から住宅まで実績多数。差別化を図りながら自然環境に優しく健康的なライフスタイルの実現には質の高い照明計画が不可欠です。
太陽の光と生体リズムと
人間が持つ生態リズムにストレスを与える光を無防備に浴びることは、


オゾンホールから入ってくる紫外線をサングラス無しで過ごすようなもの。

体内の光リズムを知ることで、ストレスが無い心地よい生活が可能となります。


ここでは、ストレスのない生活に欠かすことのできない


3つの照明要素をお教えします。

皆さんの生活に取り入れて心地よい照明環境を作って下さい。

照明デザイン事務所ライトニック 生活に欠かせない照明3要素とは?


僕らが過ごしている現代社会の光環境は、

自然界の生態リズムに関係なく存在しています。

生態リズムとは太陽光を中心とした24時間のリズムのこと。

人類が誕生した20万年前からの太陽の明暗と共にした生活パターンが

夜行性や昼行性といった明暗の行動パターンから

発情期や産卵期といった生殖行動パターンにまでも影響を与えています。

すなわち、すでに私たちのDNAに組み込まれているではと

考えてもおかしくはありません。

福岡の照明デザイン事務ライトニック 一生使える照明デザインとは?

上の図では人が起きて行動し、そして眠るまでを簡単な動作で表しています。

横に時間軸、縦に色温度、高さ、明るさの度合いです。

太陽は地平線より出て徐々に明るさを増していき

赤っぽかった色は徐々に白くそして青白く変化していきます。

正午を過ぎると青白かった光はもとに戻るかのように

暗く、そして赤っぽく変化して地平線へ沈んでいきます。


この太陽の動きに合わせるように、照明も時間によって

色温度、高さ、明るさを変えることが日常の生活にも必要ですね。


住宅に限らず、飲食や物販などにも、そして公共施設にも同じことが言えます。


時として、私たちは深夜のコンビニやレストランで


昼間と同じ光を浴びているわけですが、


夜は落ち着いた明るさで、間接照明を主体にした


コンビニがあったら、部屋でリラックスできる商品まで


ついつい買いそうな気がしますけどね。


これからは、もっと光について柔軟な発想で考えていく時代です。


自分の為に。そしてみんなの為に。


  
次回は働く明りと休息の灯りについてお話します。



<明かり>と<灯り>の違いを知る−その2
太陽が沈んだ後の光

その1では太陽の一日の動きに触れましたが、それでは太陽が沈んだ後の光についてお話します。

もっとも原始的な光である火は遠い昔より夜の生活を支えてきた焚き火でした。それが後に薪(たきぎ)となり、松明であったり室内用に囲炉裏やであったりと照明具として変化していったものと思われます。

福岡の照明デザイン事務所 光のことば 


火の横に丁の文字がついて灯(あかり)、丁は釘を表しているといわれています。まさに火を釘で止めて安定した照明として使われたことで出来た文字。灯りとは室内に火を持込ん使ったのが始まりなのでしょう。

福岡の照明デザイン事務所 光のことば


松明の火は次第に形を変え、灯明皿、燭台、行灯と現代につながっています。灯(あかり)という呼び名は、<赤い火>からきているとも言われ、人の手によって明るさを変えることができる比較的小さなあかりです。

福岡の照明デザイン事務所 光のことば


つまり、灯りとは夜のみ使われてきた照明のことなのです。

次回は、太陽と生態リズムについてお話します。


<明かり>と<灯り>の違いを知る−その1
昔から我々の生活には欠かせないものとなっている<あかり>ですが、

そもそも<あかり>とは何なのでしょうか。


このコーナーでは色々な角度から<あかり>を検証していきたいと思います。


照明は機能的なものだと思いがちですが果たして明るさだけが照明の役割なのか。

太陽の光をもとに生活をしてきた私たちの先祖からすると太陽や火が照明だったわけですから、その自然の中に存在する光が長い歴史の中で私たちの身体の中に染み付いていると考えても不思議ではありません。太陽に変わるものとして白熱灯や蛍光灯、古くからは松明、薪(たきぎ)、ろうそくの灯りなどがありますが、これらの光源の種類によってものの見え方が違ってきます。そしてそのものの見え方は、私達の仕事や日々の暮らしの中にとても深く関係しています。



第1回めは、”明かり と 灯り の違いを知る” です。



ここで太陽の一日の流れを見てみましょう。


福岡の照明デザイン事務所 光のことば 
夜明け前オレンジの光が空を染め、日の出と共にゆっくりと白光に変わります。
  
日光が直接地上を照らし明るさを増す。明るくなるにつれ人も覚醒をはじめます。
 
福岡の照明デザイン事務所 光のことば 
太陽が頭上に登る頃、地上を覆う空に透き通るような明るい青空が広がります。
   
光が届かない曇ったグレーの空は見るだけで憂鬱ですが、晴れ間の爽やかな白は人の気持ちを活動的にします。働きやすい環境を作り、視力も上がり労働を手助けしてくれます。

さわやかな青空が徐々に失せ、太陽が沈む西の空にオレンジ色の夕焼けが現れる。

福岡の照明デザイン事務所 光のことば 
東の空から迫るディープブルー。オレンジとのグラデーションの美しさが広がる。
   
徐々に夕焼けも薄く。やがて星の輝きと月明りだけを残し夜の深い蒼色の世界へ。


太陽による光は刻々と、明るさ・色・位置を変化させています。明りとは太陽や月の光のように他のものに影響されず絶対的に得られる照明のこと。言い換えれば太陽の代わりとして労働環境を照らす光のことなのです。

それでは、もう一つのあかり(灯り)とは・・・は次回に続きます。

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< December 2015 >>
ブログ内を検索


PROFILE
OTHERS