照明 福岡 【 照明デザイン事務所 ライトニック / 福岡県 春日市】LIGHTONIC On Line
福岡の照明デザイン事務所・ライトニックは空間の個性を大切にします。
照明デザイナー川崎英彦が主宰する福岡の照明設計事務所ライトニック。照明デザインで環境・空間を個性豊かにします。大型施設から住宅まで実績多数。差別化を図りながら自然環境に優しく健康的なライフスタイルの実現には質の高い照明計画が不可欠です。
決定的目的
福岡の照明デザイン事務所 特注照明の決定的目的

福岡の照明デザイン事務所 特注照明の決定的目的その2

自己都合のデザイン的満足に浸りながら、OKの連絡を待つ。
何も恐れることなく、何も準備することなく。何も疑うことなく。
充実した感覚は幼い頃に覚えた大人から褒められた記憶によって
形成されている。

無心で色を重ねる僕に対して大人の女性が目をキラキラさせながら言う。

『あなたって、絵が上手なのねぇ〜』 

少し自慢だ。

『えへへ・・・。』

シャイな僕は返事にならない返事を返す。


一回目のプレゼンでNGをもらった後、電話口で話したideaを図面にしてCGにした。

悪くない。

長く考えても、出ないときは出ないし、長考が良い結果を生むとは限らない。
必要なのはインスピレーションと実行力。メモをとり形にすること。

簡単なことだ。(いつも分かっている事なのだけれど)

了解の返事が直ぐに来た。

一回目と2回目の違いは何だろう?1回目イメージが頭から離れない。
どこかで使おうと思って、ひとつ作っておこう。という衝動が起きる。

でも作らない。 次の現場も、またその次の現場もそんな照明は必要としない。
でも誰かが欲しがるかも。。。タダなら。。。そのために作るわけにはいかない。

そんなことを考えながら次の現場の締め切りが近づく。

変更はいつも突然やってくる。

竣工写真は後日。。。
ランニングシューズ
福岡の照明デザイナー川崎英彦の休日の過ごし方
新しいランニングシューズを買った。早く走りたくて。

走り始めてもうすぐ5年になる。未だにフルマラソンで4時間を切れず、
大会に出ては、早くも無く遅くもない。本当は遅いのだが、関門には
引っかかったことがないという意味で今回は遅くもないと言わせて頂く。

自分では頑張っているつもりでもサンデーランナーの平凡な記録のまま今に至っている。

先日のハーフマラソンでも思いのほかタイムが伸びない。

最近薄れいく記憶をたどり何故かを考えてみたら見えてきた。
過去5年間で一番早く走った時の体重が一番軽かったのを思い出す。
やはり体重をコントロールすることが速さへの近道なのだろう。

摂取カロリーをコントロールし、体重は自然に落ちるとして、
さらに軽くするのはシューズしかない。ということで、ふと立ち寄った大型
スポーツショップで旧タイプの特売をしていたadidasのadizero CS4を迷わず購入。

このadizeroは片足250gの軽さ。今使っているnikeのSTRUCTURE TRIAXは350gなので、
両足で200gの大幅ロス。それでいてクッションや安定性もよさそうなので来月の
50キロマラソンが更に楽しみになった。

しっかり練習をして、今年こそサブフォーを達成したい。

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2009 >>
ブログ内を検索


PROFILE
OTHERS