照明 福岡 【 照明デザイン事務所 ライトニック / 福岡県 春日市】LIGHTONIC On Line
福岡の照明デザイン事務所・ライトニックは空間の個性を大切にします。
照明デザイナー川崎英彦が主宰する福岡の照明設計事務所ライトニック。照明デザインで環境・空間を個性豊かにします。大型施設から住宅まで実績多数。差別化を図りながら自然環境に優しく健康的なライフスタイルの実現には質の高い照明計画が不可欠です。
<明かり>と<灯り>の違いを知る−その2
太陽が沈んだ後の光

その1では太陽の一日の動きに触れましたが、それでは太陽が沈んだ後の光についてお話します。

もっとも原始的な光である火は遠い昔より夜の生活を支えてきた焚き火でした。それが後に薪(たきぎ)となり、松明であったり室内用に囲炉裏やであったりと照明具として変化していったものと思われます。

福岡の照明デザイン事務所 光のことば 


火の横に丁の文字がついて灯(あかり)、丁は釘を表しているといわれています。まさに火を釘で止めて安定した照明として使われたことで出来た文字。灯りとは室内に火を持込ん使ったのが始まりなのでしょう。

福岡の照明デザイン事務所 光のことば


松明の火は次第に形を変え、灯明皿、燭台、行灯と現代につながっています。灯(あかり)という呼び名は、<赤い火>からきているとも言われ、人の手によって明るさを変えることができる比較的小さなあかりです。

福岡の照明デザイン事務所 光のことば


つまり、灯りとは夜のみ使われてきた照明のことなのです。

次回は、太陽と生態リズムについてお話します。


▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< July 2010 >>
ブログ内を検索


PROFILE
OTHERS